山本 訓久(やまもと のりひさ

国立音楽大学卒業、東京藝術大学大学院音楽研究科修了。 ウィーン音楽大学指揮科に学ぶ。指揮をU.ライオヴィッツ、山岡重信、高階正光、和声を新実徳英、ユーフォニアムを三浦徹、大石清、トロンボーンおよびバス・フリューゲルホルンをカール・ヤイトラー(ウィーン・フィル)の各氏に学ぶ。また中世ルネサンス音楽の奏法と音楽表現についてスウェーデン・ヨーテボリ大学のS.ベリエル教授の下で学んだ。

2002年に新しいコンセプトによる金管楽器のグループ「アンサンブル・ペガサス トウキョウ」を結成し、これまでに国内での10回の定期演奏会の他にチェコ、ドイツ、オーストリア、ノルウェー、スウェーデンで数多くの音楽祭等に招かれ公演を行った。ヨーテボリ大学とオスロ音楽院では「古楽奏法」に関する公開セミナーも行った。

東京を中心として活動するプロの吹奏楽団体、東京ウィンド・シンフォニカでは既存の吹奏楽作品の演奏にとらわれず、ゴセック、フンメル、M.ハイドン等の作品を当時の楽器を取り入れて演奏し注目を集めている。また2016年の定期演奏会では新実徳英:「神はどこに?」(吹奏楽版編曲・山本訓久)初演も行なった。

ウインドギャラリーでは、J.シュトラウス、レハールなどウィーン音楽を中心とした吹奏楽編曲版を多数刊行している。


東京学芸大学教授、国立音楽大学講師
東京ウィンド・シンフォニカ音楽監督
アンサンブル・ペガサス トウキョウ代表

著書:新版『学ぼう指揮法 Step by Step 』(アルテス・パブリッシング刊)
『ブルクミュラーで指揮法入門』(アルテス・パブリッシング刊)
CD:”A Flourish of Brass”「ブラスの花束」( Musica Residiva, Sweden: MRSDCS-019 )
山本訓久指揮 アンサンブル・ペガサス トウキョウ
「ホルスト:組曲第1番(原典版)ほか」(Cryston OVCC-00083 )
山本訓久指揮 東京ウィンド・シンフォニカ